ありとあらゆる歯のトラブルに対応できる歯科

女性

歯周病の恐怖

歯の美しさに注目する人が増加

1990年代に歯の白さをうたった歯みがき剤のテレビコマーシャルが一躍大ヒットとなりました。そのころから日本でも、歯に対する美意識が広まり始めたのですが、近年より多くの人が歯の見た目について考えるようになっています。街中でも審美歯科の診療科目を掲げる歯科医院をよく目にするようになりました。審美歯科専門のクリニックも登場しています。 歯を綺麗に見せる方法のひとつにホワイトニングがあります。ホワイトニングとは、着色した歯を白くする方法です。専用の薬剤を塗り、レーザーなどをあてて歯を白くするのが一般的です。歯科医院で使用される薬剤は市販のものよりも濃度が濃く、またカウンセリングのもと、歯の状態や色に応じて施術が行われるため確実な効果が期待できます。

審美歯科でできること

審美歯科でできるのは、歯を白くするホワイトニングだけではありません。歯の見た目をよくするためのあらゆる施術を受けることができます。 まず、セラミックを利用した治療法が多く採用されていて、詰め物にセラミックを利用したり、歯の表面をセラミックで多い綺麗に見せる方法もあります。セラミックは変色がほとんどない点や金属アレルギーを起こさないといった点がメリットです。また、金属製の義歯を使用するよりも、見た目が自然であることが歯を綺麗に見せる大きなポイントです。 また、ホワイトニングだけでなく、クリーニングという方法もあります。歯の表面の汚れを落とす方法で、定期的にクリーニングを行うことは歯周病の予防などにも効果が期待できます。こうした審美歯科で行われている施術には、クリニックによって大きな差があります。特定の施術を得意とするクリニックもありますので、事前にリサーチしてから訪問するとよいでしょう。