交通事故で弁護士を利用する場合の主な費用

交通事故で弁護士を利用する場合の主な費用

車

保険の示談金提示前の費用

大阪では、保険会社が示談金額を提示する前に、交通事故専門の弁護士を利用することも多いと言われています。この時、着手金は基本的に発生しないでしょう。また、200,000円程となります。さらに、獲得金額の10パーセント程を上乗せしたのが、弁護士費用の総額となるでしょう。

ジャッジガベル

保険の示談金提示後の費用

示談金額を保険会社が提示した後に交通事故専門の弁護士を利用することもできます。この場合も、基本的に着手金は発生しないので安心です。また、報奨金については、200,000円程でしょう。さらに、獲得金額の増額部分20パーセント程が上乗せされます。これが、弁護士費用の総額となるのです。

車

保険特約利用時の費用

自動車保険に加入している場合、弁護士費用特約の利用も可能です。弁護士利用特約を使えば、着手金から報奨金の支払いまで保険会社が負担してくれるでしょう。依頼者の負担なく弁護士を利用することができるので、とても便利です。費用の心配をしている人は利用してみましょう。

事故後の対応を比較

すぐに警察へ通報する

基本的に事故に遭ってから、すぐに警察へ通報しておけば問題を素早く解決できるようになります。必要な証拠も簡単に揃えられるようになるでしょう。

すぐに警察へ通報しない

事故に遭っても、すぐに警察へ通報しなかった場合は素早い問題解決が難しくなります。事故の詳細などを確認するのに手間がかかってしまうのです。

広告募集中