ありとあらゆる歯のトラブルに対応できる歯科

女性

歯を白くする

歯科で歯並びを矯正することで歯の審美性を高める事ができます。歯並びが揃っても、歯の審美性が悪いという印象を持たれる事があります。
それが、歯の着色汚れです。黒ずみや黄ばみといった着色汚れが歯に付いていると、不潔な印象を与えてしまいます。
赤ワイン、緑茶、コーヒー、紅茶と言った飲み物などに含まれる色素が歯に付着することで着色汚れが生じます。
さらに、喫煙をする人などはヤニが歯に付着するので黄ばみの汚れが生じてしまいます。

歯科では、歯の着色汚れを落とすホワイトニングを行なっています。ホワイトニングには大きく別けて3種類あります。
歯科医院でホワイトニングを行なうことをオフィスホワイトニングと言います。過酸化水素剤を歯に塗布して、光を照射することで歯を白くします。
過酸化水素が分解される際に、歯から色素を切り離し、低分子化するという作用があります。光を照射することで過酸化水素を活性化させる事ができ、より効果を高めることが出来ます。即効性があるのが魅力です。
自宅で行なうホワイトニングをホームホワイトニングと言います。マウスピースにホワイトニングジェルを入れて装着するという方法です。
1日2時間ほどマウスピースをつけ、3週間ほど続ければ効果が実感できます。即効性はありませんが、歯の白さが長い期間保たれます。
歯科医院で行なうオフィスホワイトニングと、自宅で行なうホームホワイトニングの両方を行なうのをデュアルホワイトニングと言います。
両方の長所を兼ね備えが方法で、即効性と持続性があります。